専業主婦が利用できる銀行カードローン

  • 専業主婦なら銀行のカードローンがオススメというより、銀行のカードローンしか申し込みができません。
  • 総量規制という法律によって消費者金融は専業主婦に貸付をするのに面倒な手続きや書類の提出を求めないといけません。(配偶者貸付)配偶者の収入を証明する書類や同意書、婚姻関係証明書など手続きが面倒で、コストもかかりますし、一般的に専業主婦が自分の名義でお金を借り入れしたいときは大抵、配偶者には知られたくないことが多いです。

  • すると、配偶者から同意書をもらったりする言い訳やリスクを考えたら銀行のカードローンのほうが楽ですし、安心して利用ができます。
  • また、銀行で貸付を受けることによって、万が一銀行に出入りしているところや、郵送物がきたとしても銀行からなら怪しまれずに済みます。新規で口座を作ったなど他の手続きをしたことにしてしまえば、バレにくいです。

  • atm

    銀行がなぜ専業主婦に貸付ができるのかというと、銀行は総量規制の法律の対象ではないので、専業主婦にお金を貸すことができます。
  • 銀行の他にも、信用金庫・信用組合・労働金庫等も総量規制の対象外となります。
  • また、銀行のカードローンは消費者金融に比べて金利が安く利用ができますし、スーパーなどでもATMがあちこちにあるので買い物ついでにスーパーのATMで追加の借り入れをしたり、返済も楽々と出来てしまいます。

  • 借入限度額は30万円の商品が多いですが、イオン銀行は50万円まで借り入れが可能です。
  • 銀行によっては手持ちのキャッシュカードにカードローンの機能をつけるだけでも利用ができる商品があり、カードが1枚増えることもなく、キャッシュカードで貸付を受けることができるので、家族にローンカードが見られてしまうこともないです。
  • 安心感もあって、自由につかえるので銀行のカードローンはおすすめできる商品です。