必要書類について

  • 収入のない専業主婦がカードローンを申し込むときに必要な書類は、身分証明書(運転免許証や健康保険証)のみで借り入れが可能です。その他、配偶者の源泉徴収票や委任状などは必要ありません。
    しかし、条件があります。

  • 主婦011

    上記の場合は専業主婦でも借り入れができる商品であることです。専業主婦、本人だけの書類でも借り入れが出来る商品は銀行のカードローンのみで、代表的な商品名は三菱東京UFJ銀行のバンクイックやみずほ銀行のカードローン、イオン銀行のカードローン、東京スター銀行のカードローンです。

  • 銀行の場合は、総量規制対象外ですから、専業主婦本人だけでも借り入れが可能です。なので専業主婦の本人の名義で借り入れができます。
    在籍確認などもなく、便利に利用ができます。もちろん、委任状や同意書も必要ありませんが、利子が最高利率になってしまうので14%~18%と高くなりますし、貸付限度額は30万円~50万円までです。

  • 次に、配偶者貸付という商品があります。
    配偶者貸付は総量規制の例外に設けられた部分を利用して借り入れをすることができます。なので法律違反ではありません。
    本人に収入がない場合は配偶者と合わせた年収の3分の1以下なら貸付可能です。
  • つまり、配偶者の収入が300万円だったら100万円まで専業主婦でも借り入れができるということです。
    この時に必要な書類は、

  • ・婚姻関係証明書
    ・本人確認書類
    ・配偶者の同意書
    ・収入証明書(貸付金額によって異なります)

  • 上記の銀行のカードローンよりも用意しないといけない書類が多く、しかも、配偶者に内緒で借り入れをすることは不可能になります。
    また、配偶者貸付を行っている金融会社は少なく、大手のプロミスやアコムなどは取扱していません。
  • 主な配偶者貸付を行っている会社は

  • ・レディースフタバ
    ・ベルーナのティス
    ・セディナ

  • です。いずれもインターネットや電話で申し込みが可能です。また、会社によって必要書類が異なってきますので、念の為に確認してから申し込みするようにしてください。