借入は住宅ローンに影響する?

  • カードローンと住宅ローンは関係があります。
  • カードローンに借入残高があればやはり、審査には影響しますし、カードローンを持っているだけでも審査に影響はあります。
  • カードローンは借入残高が多く残っていれば、残っているほど審査は厳しくなります。

  • 家

    カードローンは自動車ローンなどとは違い、無担保で借り入れができる商品なので、返済をするのも大変です。借入金額が多ければ多いほど返済をするのには強い意志が必要です。住宅ローンを組めたところで、カードローンとの返済がダブルになる事も予想されます。
  • 住宅ローンとカードローンの金利を比べると、住宅ローンの方が安いですから、いよいよお金が回らなくなってきてしまうと、先に返済したいのは金利の高い方です。

  • すると、住宅ローンは後回しにされてしまう可能性さえもあるということです。
  • なので、できればカードローンの借入残高が少ないほうが良いですし、むしろ返済してある状態の方がより良いです。
  • 次に持っているだけでも審査に影響する可能性ですが、利用していないカードローンがあるといつでも借り入れできるという見方や、将来的にまた利用する可能性があるなどとみなされてしまいます。

  • すると、やはり審査は厳しいという結果になってしまいます。
  • まとめると、借り入れすると、住宅ローンを組むのには影響があります。
    解決するには借入残高を少なくする、もしくは完済する。そして、利用していないカードローン枠があるカードは解約したりして、必要最低限にしておくこと。
  • それから審査をうけるようすると良いです。

  • また、心配なら自分の信用情報を取り寄せして先にフィナンシャルプランナーに相談してみるのも良いです。
    その際には、自分の年収などを確認できるものや、利用したい住宅ローンはどこの銀行のものかなど、ある程度具体的にしておくとスムーズに進みますし、電話などで相談の予約をしておきましょう。