総量規制について

    総量規制は主婦がお金を借り入れするときに重要な法律になります。総量規制は平成18年12月に交付されて平成22年6月から完全施行されました。簡単な概要は6つになります。


    主婦01

     

    ・借り入れの総金額が年収の3分の1までになります。
    ・専業主婦(夫)の方は配偶者の同意が必要になります。
    ・一定額以上の借り入れは年収の証明書が必要です。
    ・個人事業主の方は決算書等の書類が必要です。
    ・信用情報の登録が必要になります。
    ・借り入れの上限金利は20%になります。

     

     

    これらの目的は安心して利用できる賃金市場の構築と、多重債務問題の解決を目指しています。

    総量規制によって専業主婦(夫)は借り入れができなくなったと、聞くこともありますが、借り入れは可能です。ただし、条件があります。
    まず、配偶者がいる専業主婦であること。内縁の妻(夫)ではダメです。婚姻関係がないといけません。なので申し込みの際に婚姻関係証明書の提出を求める会社もあります。

     

    それから、

    配偶者に安定した収入があること。

    配偶者の同意があり、それを証明する書類があること。

    収入を証明する書類を提出できること。
    です。

     

    こういった貸付のことを配偶者貸付と言います。

    このことから、総量規制のもとでは、配偶者に黙って借り入れをすることは専業主婦(夫)には不可能となります。

    しかし、総量規制は賃金業者に対しての決まりであって、銀行や信用金庫は賃金業者ではないので総量規制対象外となります。すると、専業主婦にも貸付することが可能となります。

     

    なので、配偶者や家族に内緒で借り入れをしたい場合は銀行の専業主婦でも申し込みが可能なカードローンの商品に申し込みをするようにします。
    また、銀行での申込の場合は婚姻関係証明書などの面倒な書類も不要です。専業主婦の場合、貸付金額が30万円から50万円までで、配偶者の書類は不要で借り入れができる事が多いです。


    総量規制には専業主婦に対しての決まりの他にも、上記で紹介しているように上限金利や提出書類、個人情報登録などの細かい決まりがあります。

    詳しくは日本賃金ん業協会のホームページや金融庁のホームページでわかりやすく説明されています。よく読んで、理解をしたうえでカードローンなどの金融商品に申し込みをしてください。